小冊子ワークショップvo.1~ことばのコラージュ

紙が好きで、ことばが好きで
手でつくることが好きな
ふたりが出あいました。
そして
小冊子をつくるワークショップを
はじめてみようとおもいました。

酒井育子(FunFooL)×たかはしみちよ(日+月+星)

IMG_0270

今回はみんなで持ち寄った
ことばをコラージュにして
自分だけの小冊子をつくります。

太陽と月と星がつながる場所で
ことばと紙とわたしたちと
出あいませんか?

 

日にち   10/22(水)
時間    13:00〜15:30
参加費   3000円(ちいさなおやつとお茶付)
場所    「日+月+星」 近鉄奈良駅より徒歩15分
奈良市多門町35-2 tel&fax 0742-81-8261(フクトク)

お申込み  日+月+星 wakka★mbe.nifty.com(★⇒@)
※ご連絡先とお名前人数をご明記のうえ、メールでお申込みください。

●酒井さんからのメッセージ

2008年〜、MOMOcafe schoolという、冒険旅行のようなアートスクールに飛びこんで、2010年の卒業までの2年間、先生が出す毎月のお題に合わせて16ページの小冊子を作りました。
当初は、先生にもスクールの空気にも緊張しきり。最初に作った小冊子で「お説教聞きたいわけじゃないのよ」という先生のコメントから試行錯誤の冊子作りが始まりました。
作る途中、「これじゃあ先生にダメ出しされるなあ」と思ったり、「あれ?おかしい。先生に気に入られるための小冊子?が課題じゃないよね」と、頭の中はグルグルに。けれど、自分の気持ちに正直に、格好つけないで、と続けていくうちに、多過ぎる形容詞を減らし、割付もシンプルになった自分の世界が現れ始めました。
もちろんそれは拙いもので、公けにできるようなものではないですが、数年たった今読んでも、それは確かに私から現れた言葉でした。

他に、京都のモーネ工房の井上由季子さんに師事、「切り抜き通信」を2年間、寺子屋にも多数参加して、紙の面白さに触れる日々を過ごしました。

小さな小冊子を作る試みを、集う人達の力も借りて、やってみようということになりました。

日+月+星さんの心静まるアトリエで、
あなたにしか出来ない小冊子が生まれると嬉しいです。

 

*profile

 酒井育子:

木津川市・兜台にて友人2人と「Felicelu」という雑貨屋を開く。
その中で、独立採算の小さなお店のひとつ『FunFooL』を主宰。
「手が動く、こころが動く」をモットーに、紙モノを中心とした実験的モノ作りを続け、
インナーチャイルドカードタロットやワクワクの源泉を生かす「SOURCE」の学びから
1年コースの「手仕事とこころの教室SOU 」を開く。

 たかはしみちよ:

地球小屋tipi、pananufWaを経て、
現在はgallery workshopSpace「日+月+星」の主宰者。
サンキャッチャーづくりのように、
ひと、コト、ものをつなぎ、虹をつくる ということが
表現活動のテーマにもなっている。

 

 

 ©Copyright 2013 sun-moon-star